ライフスタイル/南房総・体験レポート

「ミレーニア勝浦」を拠点に、楽しむ!味わう!くつろぐ!体験レポートをお届けします。
海辺の暮らしならではのライフスタイルに触れてみてください。

■レポート一覧

  • 1│船釣り万歳!
  • 2│シーカヤック体験
  • 3│美味!天日干し
  • 4│路線バスの旅
  • 5│痛快!防波堤釣り
  • 6│体感!定置網漁
  • 7│探訪!老舗酒蔵
  • 8│房総産・天然伊勢海老
  • 9│南房総で、春を先取り!
  • 10│旧国道、絶景めぐり
  • 11│SUPで海上散歩
  • 12│大多喜、心の旅。
  • 13│さすらい海岸通り
  • 14│生きた水、 久留里。
  • 15│奥房総の山里へ
  • 16│カフェin 勝浦
  • 17│『八犬伝』の舞台へ
  • 18│人工衛星と対話する勝浦
  • 19│教えて!海藻博士!!
 

Vol.5 管理所長 田中茂文が行く「シゲ散歩」興津港防波堤釣り!!

南房総・勝浦に居たら一度はやってみたい海釣り。
まったくの初心者でも楽しめる釣りはないものか?
海釣り素人の田中が、誰でも手軽に楽しめる防波堤釣りに
レッツチャレンジ!海釣り経験がなくても釣れるのか?
興津港の防波堤で実証してみた。

 

 興津港の防波堤は、いつも釣り人で賑わっている。夕方になると釣り人が横一列に連なっていることも珍しくない。そんな光景を見て、「何が釣れるのだろう?」と興味を持った方も多いのでは。
 管理センター所長の田中も、海岸を散歩する度に目にする釣り人たちに興味津々。釣果が気になり、防波堤を歩きながら釣り人の傍らのバケツの中を見てみると、体長15pほどのアジが数匹入っていた。他の人のバケツの中もほとんどアジで、銀色の背びれが光っていた。
 「結構釣れていますね」と田中が釣り人に話しかけると、
 「今日はイマイチだねぇ。一昨日は1時間で、50匹位釣れたから」と渋い表情。
 ─え?1時間で50匹?またまた大げさな─と思いはしたが口には出さず、
 「そんなに釣れたんですか!凄いですねぇ」と褒め言葉を残しその場を去った。
 50匹とはかなり盛った話のようだが、興津港の防波堤が有力なアジのポイントであることは間違いなさそうだ。しかもほとんどの釣り人がリールのない延べ竿を使っていたので、何となく簡単そうに見えた。はたして初心者でもアジを釣ることはできるのだろうか、興津商店街の釣具店『いわせ』に寄って話を聞いてみた。

初心者でも釣れる防波堤釣り

 釣具店『いわせ』は、約60年前から興津商店街に店を構える老舗で、釣具やエサだけでなく、プロの漁具も取り扱っている総合商社。社長の岩瀬智佳雄さんは、日本釣振興会の役員も務め、釣りの普及活動に尽力している。田中は、興津港のアジ釣りについて岩瀬さんに尋ねてみたところ、
 「アジは回遊魚だから、群れに当たると結構釣れますよ。港内に群れが入って来た時は、入れ食い間違いなし。100匹以上釣れる場合もザラですね」という。
 先ほど釣り人が話していた50匹というのは、盛り盛りの話では無かったのだ。
 「でもそれは上級者の話ですよね?初心者じゃあ無理でしょう?」と田中が再び訊くと、
 「初心者でも子どもでも簡単に釣れますよ。群れが入って来た場合限定ですけど」
 なるほど、運良く群れに遭遇できれば、誰でも数十匹のアジを釣ることができるらしい。岩瀬さんによると、アジの群れがやってくる時間は午後6時以降。場所は興津東港の船上げ場付近。ありがたいことに『いわせ』では釣り竿のレンタルを行っているので、気軽に釣りを体験できるという。田中は次の休日、防波堤釣りにチャレンジすることにした。

入れ食い状態を初体験!

 そして迎えた休日、田中は予定どおり『いわせ』へ顔を出したのだが、岩瀬さんの表情が少々曇っている。実は2、3日前から水温が低下し、アジが来ていないらしい。少し残念だが、練習するつもりでレンタルの竿を借り、エサのアミエビとウキ釣りの仕掛けを購入した。
 防波堤にはすでに先客が3人来ており、バケツには小魚が数匹入っていた。
 「今日はアジが来ないねぇ。イワシしか釣れない」
 「イワシだって捨てたもんじゃないよ、天ぷらだったらアジより好きだね、俺は」
 そんな会話を耳にした田中は店に戻り、イワシが釣れていることを岩瀬さんに話した。すると岩瀬さんは、
 「イワシだったら、コマセを蒔いてサビキ釣りをするといいかもしれない」と言い、道具を用意して防波堤まで一緒に来てくれた。

 アジが来ている時は、場所取りが難しいほど混雑する防波堤だが、今日はガラガラ。先客の釣果を見て帰る人もいる。
 「これだけ空いていれば色々試せるから、初めての釣りには良かったかもしれないね。まずはスタンダードなウキ釣りから試してみる?」と竿を手渡された田中。海釣りの経験はないが少年時代に川釣りを楽しんでいたので、竿さばきはそこそこの腕前だ。しかもなんと2分もしないうちにアタリが来て、背黒イワシを釣り上げた。お目当てのアジではないが、魚がエサに食いついた時の感触はドキドキもので、頬をほころばせる田中。
 「サビキにしたら、一気に何匹も釣れるよ」と岩瀬さんが別の竿にサビキの仕掛けをセットしてくれた。
 サビキ釣りとは、1〜3mほどの糸の左右に6〜10本位の釣り針が木の枝のように付いている仕掛けで、その針にエサを付けて釣る方法。事前にコマセを海に撒き魚を寄せ集め、竿を投げ上下に揺すると釣り糸の左右に付いた複数の針に何匹も狂ったように食いついてくる怒濤の爆釣り。

 岩瀬さんの教えに従ってコマセを蒔いて竿を投げ、2、3回上下に揺すっただけで早くもアタリが来た。すぐさま竿を上げようとした田中に、「まだまだ早い!他の針にも食いつかせてから」と岩瀬さん。さらに2、3回手首のスナップで軽く揺すると連続した手応えが!竿を上げると、釣り糸の左右にイワシがズラリとぶら下がっている。コレは面白い!一連の動作を5回ほど繰り返しただけで、20匹近いイワシを釣り上げてしまった。これぞ入れ食い!笑いが止まらない釣れっぷりである。水温が上がりアジの群れがやってくると、こんな感じでアジが何十匹も釣れるのだろう。
 夜になるとイワシやアジを追ってマダイやクロダイ、ヒラメもやってくるので大物も狙えるそうだ。

安心して釣りが楽しめる興津港

 「興津は、今回の船上げ場や中堤防、漁協前の岸壁など足場のよいポイントが点在しているので、初心者や家族連れにおすすめできる釣り場なんです。堤防に囲まれているので波も穏やか。安心して釣りが楽しめます」と岩瀬さん。
 環境も整って釣果も期待できる興津港。いつも釣り人で賑わっている理由がよく分かった。
 今日はあまり人気のないイワシだったので貸し切り状態だったが、条件のいい日は場所取りがたいへんだ。
 『ミレーニア勝浦』のオーナーなら地元のメリットを活かし、遠方から来る釣り人に先駆けてベストポイントを確保できるはず。これほど恵まれた釣り場を前に釣りをしないのはもったいないというものだ。
 イワシの入れ食いを体験した田中は、次なる獲物アジに照準を合わせ、釣り具を揃え始めた。タイ、ヒラメ、ヒラマサ…、どんどん発展し、数ヶ月後には、管理センターに大物の魚拓が飾られているかもしれない。

取材協力/有限会社いわせ

地元・興津の釣りで知らないコトはないほど熟知している「いわせ」。
釣れる時間、狙い目の魚、ポイントをはじめ、
キャリアに合わせた道具選びや釣りの方法など様々な相談に乗ってくれる。
気軽に釣りが体験できるレンタルの竹竿は、ファミリーに人気。

Tel.0470-76-0434 Fax.0470-76-4491
〒299-5245千葉県勝浦市興津2610-2
http://www.nicefishing.net/iwase/

ミレーニア勝浦販売センター TEL:0120-310-391 営業時間:9時〜17時(水曜定休)〒299-5246 千葉県勝浦市興津久保山台6-1 Tel:0470-76-4331 Fax:0470-76-4361 資料請求はこちら 来場予約はこちら